Q&A

よくある質問

子供が学校で歯科検診表をもらってきました。診て貰えますでしょうか?
新美院長からの回答

新美歯科では、たくさんの子供さまがお父さま、お母さまと一緒に来院されます。
歯科医師、衛生士をはじめスタッフ一同、小児の歯の治療についてよく理解しておりますので、適切な治療や予防処置をすることが可能です。
またフッ素、シーラントを行うことにより、お子様の虫歯を予防して、将来の歯並びや虫歯、歯周病を防ぎます。
新美歯科では、地域のこどもむし歯ゼロを目指して、日々治療に励んでいます。

歯がしみるのですが、虫歯になっているのでしょうか?
新美院長からの回答

歯がしみるのは知覚過敏の可能性が高いです。知覚過敏とは歯肉が下がったことにより、一部のセメント質(歯についている層)が露出し、刺激を感じている症状です。
露出したセメント質の感じる力を抑える治療や、露出したセメント質をプラスチックで覆う治療を行っています。

歯茎の病気、歯槽膿漏(歯周病)を予防するにはどうすればいいですか?
新美院長からの回答

歯ぐきの病気には歯周病や歯槽膿漏と言います。
歯周病の元の原因は、歯垢(しこう、プラーク)になります。それをためない、増やさないことが基本です。
そのためにはまず、患者さん一人一人に合った歯ブラシの方法を毎日丁寧に行うことです。
歯の表面をできるだけ歯垢のないきれいな状態にしておくことが何より大切です。
普段の歯磨きではどうしても落とせない、落としにくい汚れもありますので、定期健診を受けて頂いたり、歯科衛生士による歯石取りを受けてもらうことも大事です。

できるだけ歯を抜きたくないのですが、治療方針を教えて下さい。
新美院長からの回答

歯を抜くとお口の中のみならず全身の健康状態が損なわれてしまうこともありますので、歯を抜きたくないのはもちろんみなさんが望まれることだと思います。
新美歯科では、「歯を抜かない」「なるべく痛くない」「できる限り歯の神経を抜かない」を方針に、治療計画をたて、患者さまに説明を行っています。

しかし、精密検査の結果や、痛みの有無、周囲の歯の状態から、その歯を残すことが不可能な場合、また残したとしても返って周りの歯を悪くしてしまったり、お口の環境が悪くなるような場合には十分に説明して、患者さんと一緒に決めていきます。

インプラント治療は誰でも受けられるのでしょうか?
新美院長からの回答

最近の歯科医療技術の進歩とともにほとんどの方が受けられます。
しかし、インプラントを埋め込む顎の骨の量が少ない場合は、特殊な処置(GBR、サイナスリフト、ソケットリフトなど)によって、骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。

骨などに問題がある場合、心臓病、糖尿病などの持病がある方、妊娠中の方、骨粗しょう症の薬を飲まれてる方、あごの骨の状態にもより、手術が難しいこともあります。

新美歯科では事前に精密な検査を行って、安全を確認した上で、十分に患者さんに説明をして納得をもらってから治療を進めてまいりますので、安心してご相談下さい。

診療時間

 
9:00-12:30 × ×
13:30-18:30 × × ×

※木・土曜午後・日・祝は休

お知らせ

2019.07.01
新美歯科は2019年7月1日(火)に藤井寺にて歯医者を開院いたしました。
藤井寺市また近隣の羽曳野市、八尾市、柏原市、富田林市の皆様に愛される歯医者さんになれるようスタッフ一同頑張ってまいりますので、これからどうぞ宜しくお願い致します。

診療メニュー

お問い合わせ

〒583-0034 藤井寺市小山藤の里町1-47
近鉄南大阪線「藤井寺駅」より徒歩9分
藤井寺市役所前より東へ徒歩1分 小山交差点北東カド
八尾市・羽曳野市・松原市・柏原市からもご来院しやすい歯医者です。